2020.07.10

最近、見学会やセミナーなど、

家づくりの動画配信をする業者が増えましたね。

 

そのおかげで、

遠方の業者の家づくりも見学できるようになりました。

時間が合えばライブ配信を楽しめます。

相手の都合を気にせず、

好きな時に好きなだけ見ることもできます。

 

ここ数か月でオンラインを利用する業者が増えたので、

これからますます動画は増えるでしょう。

何だかもう、一気に時代が変わったと思いませんか?

 

◆対象エリアは全国とは限らない

以前は対面相談しかできなかった

フィナンシャルプランナーや保険業者、金融機関など、

家づくりに役立つ業者が次々にオンライン相談を始めています。

 

資金計画の相談、保険の見直し、住宅ローン選びなど、

自宅でできることが増えるのはありがたいですね。

 

ただし、業者によっては対象エリアを限定する場合があります。

「ネットだから住所は関係ないはず」

と油断せず、対象エリアは最初に確認しましょう。

 

◆オンライン利用の際、気を付けたいこと

・通信料は自己負担なので、Wi-fi環境を整える。

・不正アクセスや情報漏洩を防ぐため、フリーWi-fiを使わない。

・自身の背景が相手に見えても問題ない状態か、事前にチェックする。

・お互いの声を聞き取りやすいよう、静かで安全な環境を整える。

・録画や録音を行う際は、必ず相手の許可を得る。

・第三者は勿論、家族を同席させる場合も、事前に相手の許可を得る。

・通信環境などの事情により中断した場合に備え、

・再ログイン(URL、パスワード等)の準備をしておく。

・画面上の資料を見ながら話す時は、できるだけ大きな画面を用意する。

(スマホよりタブレットやPCを)

 

◆ヘッドセットがあると便利

「大きな声で話せない」

「相手の声を自分以外の人に聞かれたくない」

「自分の周囲の音を相手に聞かれたくない」

という時に便利なのがヘッドセットです。

 

Bluetoothを利用した無線タイプもありますが、

通信の安定を優先するなら、

プラグやUSBコネクタなどの有線タイプが安心でしょう。

 

必ずしもヘッドセットを使う必要はありませんが、

周囲の音が遮断されて集中力を高められるだけでなく、

相手の声を聞き取りやすくなるので、結構重宝しますよ。

 

ではまた(^^)/

2020.07.01

新築をきっかけにオール電化にする予定なら、

ぜひ気を付けてほしいことがあります。

 

それは、ヒートポンプ給湯機(エコキュート)の設置場所です。

ヒートポンプ給湯機は、

電気代が安い深夜から早朝の間にお湯を作ります。

その際、40dB(デシベル)程度の運転音が発生します。

40dBとは、

図書館の中や閑静な住宅地の昼間ほどの音量です。

音は聞こえるけれど会話するのに支障はない程度、

といえばイメージしやすいでしょうか。

 

しかし、据付け環境によっては、

20Hz(ヘルツ)以上の可聴域で

騒音レベルが上昇することが明らかになっています。

また、環境省によると、眠りが浅い時には、

低周波音の大きさが10Hzで100dB、

20Hzで95dB以上になると目が覚めるという実験結果が出ているといいます。

 

住まいるダイヤルには、

「ヒートポンプ給湯機の低周波音が原因で、

新居に引っ越した直後から寝室を含めたすべての部屋で振動音に悩まされ、

住み続けることができなくなった」

という相談が寄せられています。

 

過去には、低周波音が原因で隣家から訴訟を起こされたり、

殺人や暴力などの事件も発生しています。

 

あなたもヒートポンプ給湯機を設置する予定があるのなら、

そんなトラブルを防ぐために、

正しい場所に正しい方法で設置するようにしましょう。

 

なお、据付けのガイドラインには以下のように記されています。

 

◆据付け場所の選定ポイント

・お客様および隣接するご近所様の寝室の傍は避ける。

・ヒートポンプユニットの近辺(上方向含む)

・窓や床下通風口等の音の侵入口があれば、極力距離をとる。

・ ヒートポンプユニットの周囲に極力スペースを設け、壁や塀で音が反射しないように工夫する。

 

◆据付け要領

・運転音や振動が増大しないように強固な台に据付ける。

・ベランダ、テラス、壁面及び高置き台等に据付ける場合は、振動による音が発生しないように、十分な強度がある場所に据付ける。

  また、防振ゴムを敷く等振動の軽減を図る。

・水平に据付ける。

 

住まいるダイヤルによると、施工業者が

・「ガイドラインと異なる方法で設置しても問題ない」と説明した

・給湯機の据付説明書に記載された方法と異なる設置を行った

などの場合には、その責任を問える可能性があるとか。

 

しかし、施主が特に希望して設置場所を決定していた場合は、

責任を問うことは難しくなるそうです。

 

なお、ヒートポンプユニットの上にモノを置くと、

振動のために音を発することがあります。

近くにモノを置いた場合も、通風を阻害されて性能が低下したり、

運転音が大きくなることがあるので注意しましょう。

 

では、また(^^)/

2020.06.19

前回の入居後の思わぬストレス!の続きです。

 

◆その捉え方は、配偶者と同じですか?

 

例えば子どもが床にキズを付けた時、

「わざとじゃないから仕方ない」

「子どもが大きくなった時の思い出話のネタにしよう」

と前向きに捉える方もいれば、

 

「あれほど何度も注意したのに」

「子どもがもう少し成長してから建てればよかった」

とストレスや後悔に苦しむ方もいます。

 

この時、夫婦それぞれの受け止め方が違うと、

配偶者に対してもストレスを感じることがあります。

 

それを防ぐため、キズや汚れに対する考え方や対応について、

予め夫婦間の考えをすり合わせておきましょう。

 

◆隠す、覆う

できるだけきれいに保ちたいのなら、ラグなどで床を覆いましょう。

子どもの遊びスペースやダイニングテーブルの周囲などは、

特に重点的に対策すると良いでしょう。

キズ防止シール等で家具の足元をカバーするのも良いですね。

 

また、もしペットを室内飼いするのなら、

滑りにくくキズが付きにくい床材を敷き詰めると良いでしょう。

消臭や抗菌、撥水などの機能があると、より快適に過ごせます。

汚れた部分だけ外して洗えるタイプなら、掃除の負担を減らせます。

 

◆用途や性格を考慮して

無垢材は健康的ですがキズが付きやすい素材です。

定期的なメンテナンスも必要なので、

時間を捻出できない方には、逆にストレスの原因になるかもしれません。

 

床材にはたくさんの種類があり、

それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

用途や性格に合った床材を選べば、

ストレス対策に役立つと思いますよ。

(ただし『シックハウスの心配が無いこと』が最低条件です^^)

 

参考にしてみてくださいね。

ではまた(^^)/

2020.06.11

待望の新居が完成したのに、

住み始めてから後悔したり、ストレスに苦しむ方がいます。

その原因の一つが『子どもの行動』です。

 

まだ上手に食事ができない時期の子どもは、

どうしても食べ物を落としたり飲み物をこぼしたりしますよね。

その都度きれいに拭き取るだけでも大変なのに、

いつの間にか床が黒ずんでいたりすると、もうウンザリしてしまいます。

 

また、ミニカーなどのおもちゃを落として床を凹ませることがあります。

飛んだり跳ねたりしているうちに、床に擦り傷を付けることもあります。

きれいな状態を少しでも維持したい方には耐えがたい苦痛です。

かといって、そのために子どもの行動を制限することはできません。

 

あなたも、そんな悩みを抱えたことはありませんか?

傷や汚れも風合いや味や歴史と捉えることができれば楽になるけれど

やはり新しいお家が劣化していくのは、なかなかストレスですよね。

次回のコラムはそんな場合の対処法をご紹介させていただきます。

 

ではまた(^^)/

2020.06.04

前回の、手持ち資金の目安の他にも、

「家づくりの費用は、年収の5倍までなら大丈夫」

「収入に対する返済額の目安は20~35%」

「住宅ローンは定年までに完済した方が良い」

など、世間にはさまざまな『目安』があります。

 

私も、定年後に収入が減る方は、

定年までに完済した方が安心だと考えています。

 

しかし、早期完済のために退職金を使い果たし、

それが原因で老後の資金を確保できなくなるのでは本末転倒です。

 

家づくりに関する目安は、あくまでも目安に過ぎません。

何より大切なのは、家族と安心して暮らせる、

余裕ある資金計画にすることです。

 

そのためには、どれくらいの手持ち資金が必要ですか?

毎月無理なく返済できる額はどれくらいですか?

ある程度の収入減にも対応できる資金計画なら、

返済中の不安感は随分和らぎますよ。

ではまた(^^)/

2020.05.29

NHKによると、

フラット35の返済が困難になった人が、

取扱い金融機関の窓口に殺到しているそうです。

その相談者数は、わずか2か月で60倍にまで急増したとか。

 

このようなニュースを聞くと、

安全予算で家づくりすることの大切さを痛感しますね。

 

◆手持ち資金を再計算

住宅ローンを返済する数十年の間には、

「病気やケガが治るまで仕事ができない」

「親の介護のため、退職・転職せざるを得ない」

「子どもの教育費が、計画より大幅に増えた」

など、お金に関する想定外の出来事が起きるかもしれません。

 

それを乗り越えるには、ある程度の手持ち資金が必要です。

その目安は、月収の3~6か月分と言われています。

 

ちなみに、手持ち資金には、

1.日々の生活に必要なお金

2.教育や車の購入など、用途が決まっているお金

3.入院などの緊急事態に対応するためのお金

4.特に目的がなく、投資にも返済にも回せるお金(予備費)

など、複数の用途があります。

 

◆ボーナス払いの検討は慎重に

月々の返済額を減らすには、

・頭金を多めに準備する

・ボーナス払いを併用する

・返済期間を長めに設定する

などの方法があります。

 

この中で特に注意したいのが、「ボーナス払いの併用」です。

住宅ローンを借りる時、

毎月返済する分とボーナスで返済する分に分けます。

 

毎月返済すると、元金は毎月減りますよね。

当然、利息も毎月減っていきます。

 

しかし、ボーナス払いの元金は半年間減りませんから、

その分だけ余計に利息を払うことになります。

また、勤務先の業績次第ではボーナスが支給されない恐れもあります。

 

ボーナス払いの併用は、

デメリットを十分に理解した上で慎重に検討しましょう。

 

ではまた(^^)/

2020.05.26

新型コロナをきっかけに、

「今新築しても、建築資材などの流通が滞って計画通りに完成しないかもしれない」

「安定した収入を得続けられるだろうか、最後まで返済できるだろうか」

「施工に関わる人の健康状態が心配」

など、家づくりに不安を抱える方は多いようです。

 

また、これまで

「自立のため、就職や進学をきっかけに1人暮らしを」

と思っていた方が、

「ある程度の貯蓄ができるまで、就職後も実家暮らしの方が良いのでは」

と悩み始めたという話も聞きます。

 

家計が順調な時でも、数千万円の住宅ローンを組むのは勇気が必要です。

ですから、今後訪れるであろうコロナ不況を考えると

家づくりを進めるべきか悩むのは仕方のないことでしょう。

 

 しかし、持ち家だからこそ得られる安心感もあります。

 賃貸住宅は、住み続ける限り家賃を支払い続けなければなりません。

 何十年支払っても、その住まいは自分の資産にはなりません。

 

 一方、持ち家は、住宅ローンの返済中でも資産として活用できます。

 また、被災時や疾病時には、一定の条件を満たせば債務の免除や減額の申し出ができます。

 滞納前に相談すれば、返済額や期間に関する相談もできます。

 何より、家族の暮らし方に合わせた住まいで過ごすことができます。

 

とはいえ、家づくりは、家族がより幸せに暮らすために行うものです。

 不安を抱えたまま計画を進めるより、

 自粛で増えたオウチ時間を利用して情報収集したり、

家族を知る時間に充てた方が、より充実した時間を過ごせるかもしれません。

 「テレワークやオンライン授業に備えて、

 個室か専用スペースを設けた方が良いのかな?」

 ど、新たな話し合いも必要になっていることでしょうし…。

 

最近は、オンラインを利用した見学会やセミナーが増えていますよね。

 今まで

「セミナーを受けたいけど遠方だから無理」

と諦めていたなら、これはよいチャンスかもしれません。

 今だからできることが、きっと周りにもあるはずです。

 ぜひ探してみてください。

 

ではまた(^^)/

 

2020.05.25

そろそろ、在宅していた子どもたちも学校など通常生活に徐々に戻っていく時期になりますが、

今回は在宅中の事故対策についてです。

 

製品評価技術基盤機構(NITE)によると、0~12歳の子どもの家庭内事故が多発しているそうです。

とはいえ、大人が目を離さずに見守り続けるのは難しいですよね。

 

まずは、

・長いひも状のものなど、垂れ下がっているものは子どもの手の届かない位置に設置して窒息事故を防ぐ

・やけどのおそれがあるものは、柵を設けるなどして近づけないようにする

・家具を固定して、転倒による事故を防ぐ

・誤飲のおそれのある玩具などは保管場所に気を付け、遊ぶときにも幼児が口に入れないように気を付ける

・チャイルドロックを活用する

 

など、今一度、安全対策に問題は無いか見直しておきましょう。

ではまた(^^)/

2020.05.08

外観を決めるのって難しいですよね。

防犯のことまで考えると、

「どう見せるか」だけでなく

「どこまで見せるか」という視点も欠かせません。

 

初めての家づくりで、

道路の位置や周辺の建物の様子も意識しながら

デザイン性も防犯性も考えるのは思った以上に大変です。

あなたは、どんな外観にしたいですか?

 

◆形

間取りや窓について考える時、動線や部屋での過ごし方など、

室内のことだけを考えてしまいがちです。

しかし、間取り次第で建物の形は変わります。

 

今、あなたが思い描いている間取りだと、

外観はどんな形になりますか?

 

総二階にすれば費用を抑えられますが、

変化を持たせたいなら、

ある程度の凹凸ができる間取りが良いでしょう。

 

◆窓

見た目を意識せず、使い勝手だけを追求した窓は、

位置や大きさがバラバラで雑然とした印象を与えかねません。

かといって、大きさも種類も同じ窓ばかりだと、

没個性で面白味の無い外観になりかねません。

 

風の通り道や採光に配慮するだけでなく、

・大きさや種類を使い分ける

・高さを揃えるなど、配置を工夫する

など、見せる工夫も意識しましょう。

 

◆外壁

個性的な色や素材を用いると、

周辺の景観から浮いてしまうことがあります。

逆に、近隣の建物と似すぎていると、

お互いに気まずい思いをするかもしれません。

ですから、周辺の家々の外壁チェックは大切です。

 

なお、小さな見本を室内の照明の下で選ぶと、

実際の外観と印象が異なることがあります。

 

よりリアルなイメージを掴むには

・できるだけ大きな見本を太陽光の下で見る

・同じような色や素材を用いた住宅を観察する

といった方法がおススメです。

 

では、また(^^)/

2020.04.24

多くの業者は、自社の家づくりの特徴を

ホームページなどで詳しく紹介しています。

 

しかし、費用に関する情報は少ないですよね。

そのため、家づくりを検討する方は、

気になる業者に『大まかな要望』を伝え、

図面や概算見積書を作ってもらうことがあります。

 

少しでも費用を抑えたい方は、

それらの資料を他社に持参し、

「御社なら、これと同じプランをいくらでできますか?」

と尋ねます。

 

この行動の問題点に気づきましたか?

 

◆特徴を活かせない

A社が提示した図面や概算見積書は、

A社の強みや特徴を活かして作成されたものです。

 

材料や設備のランクを下げれば、

B社はA社より安価な見積書を提示できます。

それが一般的な工法であれば、B社にも施工できます。

施工はできますが、

こにB社の強みや特徴を活かすことはできません。

 

ハウスメーカーの下請け専門業者ならまだしも、

自分たちのスキルを最大限に活かして、

施主にとって最高の家づくりをしたいと願う業者は

どんな思いを抱くでしょう。

 

◆質問力と提案力

概算見積書の金額より注目してほしいことがあります。

それは、『質問力』と『提案力』です。

人づてに聞いた話ですが、ある男性は

「部屋数はいくつ欲しいですか?」

と質問されたので、「あればいいな」と思う数を答えました。

 

すると、使い勝手の悪そうな狭い部屋を並べた図面を提示されました。

「この予算だと子ども部屋は3畳が限界だが、希望通りの数だ」

と言われ、その場で辞退したそうです。

「その数だと3畳しか確保できない。それより…」

と、別の案を提示する業者なら、違う展開になったかもしれません。

 

業者の中には、部屋の数や広さなど

『ハコ(建物)』に関心を持つ人もいれば、

「どんな暮らし方をしたいか」

「特別な配慮が必要な家族やペットはいるか」

など、『コト』に関心を持つ人もいます。

 

彼らの質問がどんな提案につながるのか。

そしてどれほどの関心を寄せてくれているのか。

ぜひ比べてみてください。

電話する

お問い合わせ