「キズや汚れの対応について話し合っておきましょう。」

2020.06.19

前回の入居後の思わぬストレス!の続きです。

 

◆その捉え方は、配偶者と同じですか?

 

例えば子どもが床にキズを付けた時、

「わざとじゃないから仕方ない」

「子どもが大きくなった時の思い出話のネタにしよう」

と前向きに捉える方もいれば、

 

「あれほど何度も注意したのに」

「子どもがもう少し成長してから建てればよかった」

とストレスや後悔に苦しむ方もいます。

 

この時、夫婦それぞれの受け止め方が違うと、

配偶者に対してもストレスを感じることがあります。

 

それを防ぐため、キズや汚れに対する考え方や対応について、

予め夫婦間の考えをすり合わせておきましょう。

 

◆隠す、覆う

できるだけきれいに保ちたいのなら、ラグなどで床を覆いましょう。

子どもの遊びスペースやダイニングテーブルの周囲などは、

特に重点的に対策すると良いでしょう。

キズ防止シール等で家具の足元をカバーするのも良いですね。

 

また、もしペットを室内飼いするのなら、

滑りにくくキズが付きにくい床材を敷き詰めると良いでしょう。

消臭や抗菌、撥水などの機能があると、より快適に過ごせます。

汚れた部分だけ外して洗えるタイプなら、掃除の負担を減らせます。

 

◆用途や性格を考慮して

無垢材は健康的ですがキズが付きやすい素材です。

定期的なメンテナンスも必要なので、

時間を捻出できない方には、逆にストレスの原因になるかもしれません。

 

床材にはたくさんの種類があり、

それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

用途や性格に合った床材を選べば、

ストレス対策に役立つと思いますよ。

(ただし『シックハウスの心配が無いこと』が最低条件です^^)

 

参考にしてみてくださいね。

ではまた(^^)/

電話する

お問い合わせ