「境界標ってどんなもの?位置が違う時の対処法は?」

2020.04.20

みなさん、『境界標』をご存知ですか?

境界標とは、その名の通り、土地の境界を示す標識のことです。

それぞれの境界標を線で結ぶと、その土地の境界線がわかります。

 

例えば、四角形の土地の場合、境界標は4本しかありません。

地形が複雑になればなるほど、境界標の数は増えます。

隣家との境界についてのトラブルは多いものです。

そこで今日は、境界標についてお話しします。

 

◆境界標の種類

境界標は、その役割上、

移動しにくく耐久性に優れたものでなければなりません。

耐久性に優れているのはコンクリート杭や金属杭、

御影石などの石杭ですが、石杭は高価で加工しにくいため、

コンクリート杭や金属杭が多く用いられています。

 

上記の他に、プラスチック杭や木杭などもあります。

ただし、木製は腐食しやすいため、

現在は仮杭(一時的に使用する杭)として用いられています。

 

◆設置するのは誰?

分譲地の場合、販売前に業者が設置しています。

しかし、個人の場合、単独での設置はお勧めできません。

トラブル回避のため、隣接する土地の所有者と合意の上、

土地家屋調査士などの第三者に依頼して設置します。

 

その際、土地家屋調査士が作成した地籍測量図は、

大切に保管しておきましょう。

 

◆境界標を設置したのに、なぜ地積測量図を保管するの?

自然災害などが原因で、境界標がズレたり紛失することがあります。

また、工事のために境界標を移動させた業者が、

正しい位置に戻さない場合もあります。

 

悪質な事例では、

隣地の所有者が自身の所有地を広げるため、

故意に境界標を移動したり紛失させたケースもあります。

 

境界標が正しい位置に無い場合、

土地の境界を証明できるのは測量図と登記簿だけです。

繰り返しになりますが、ぜひ大切に保管してください。

 

◆その印の意味は?

山林や家屋などを相続した時、

「境界標が無い!」

「境界標が、測量図より自分の土地側に移設されている!」

というトラブルは少なくありません。

 

隣人の悪意を証明するのは難しいですが、

正しい境界は、測量図と登記簿があれば証明できます。

 

もし話し合いで解決できなくても、泣き寝入りする必要はありません。

『境界確定訴訟』や『境界標設置請求訴訟』を提訴できます。

 

境界標の大切さを知ると、不思議なことに

周囲の境界標が視界に入るようになります。

 

目に留まった境界標には、バツ印や矢印など、

さまざまな印が描かれているはずです。

て、それは何を表しているのでしょう。

ぜひ調べてみてくださいね。

(設置場所を見たら、一目瞭然かもしれません)

 

それでは、また(^^)/

電話する

お問い合わせ