イメージの伝え方・・・

2020.09.30

タイトルの通り、「イメージの伝え方」についてです。

 

「美容師に画像を見せて要望を伝えたのに、イメージ通りのヘアスタイルにならなかった…」

という経験はありませんか?

 

リフォーム経験者の中にも、イメージと異なる仕上がりになってガッカリした方は少なくありません。

写真やカタログ、雑誌などでイメージを伝えるだけでなく、

・現状の不満をどのように改善したいか

・設備に求める機能やサイズ

などもできるだけ詳細に伝えましょう。

 

例えば、近所の屋根や外壁がイメージ通りなら、業者と一緒に訪れれば色や感覚を共有できますよね。

また、面倒に感じるかもしれませんが、きちんと伝わっているかを途中で何度も確認してください。

 

そうすれば、イメージのすれ違いを最小限に抑えられるでしょう。

 

では、また(^^)/

電話する

お問い合わせ