キッチンの設備にはこんなルールがあります!

2020.09.29

火災予防条例ってご存知ですか?

火災予防条例は、それぞれの地域の事情を考慮した上で、

地方自治体が定めているものです。

 

火の取り扱い全般に関する条例ですので、

各家庭のキッチンづくりにもルールを設けています。

 

◆キッチンの設備

調理に用いるレンジやフライヤー等の位置や構造には、

・揚げ物調理をするコンロには、調理油加熱防止装置を設ける

・排気ダクト等は特定不燃材料で造り、

コンロから規則で定める火災予防上安全な距離を保つ

などのルールがあります。

 

IHクッキングヒーターで揚げ物調理をするときは、

温度設定ができる揚げ物キーを使うようにしましょう。

 

なぜなら、温度設定ができない加熱キーだと、

温度の急激な上昇をセンサーが捉えきれず、発火する恐れがあるからです。

 

また、IH専用でない調理なべを用いたり、少量の油での揚げ物も危険です。

取り扱い説明書を読んで、

・揚げ物は揚げ物キーで行う

・付属のてんぷら鍋を用いる

・500g未満の油で揚げ物をしない

などのルールを、必ず確認しましょう。

 

◆コンロの近くに可燃物を置かない

壁や吊戸棚を含む可燃物は、

コンロから一定の距離を保たなければなりません。

 

ただし、「ガス機器防火性能評定品」「特定安全IH調理器適合品」の

ラベルが貼られた製品は、安全性が確認されているので、

ラベルに記載された距離での設置が可能です。

 

施工業者は、その基準を満たした上で提案するでしょうが、

心配なのは施主支給でキッチンづくりをする場合です。

 

施主支給の設備は、施工業者の保証対象外です。

安全性は必ず確認しましょう。

 

◆定期的に清掃する

レンジフードやグリスフィルターに油脂が溜まっていると、

換気性能が低下する恐れがあります。

 

また、コンロやレンジフード付着した油脂が発火して、

火災になる恐れもあります。

 

それらを防ぐために定期的な清掃は欠かせません。

着脱しやすい製品なら、その負担を多少は軽減できます。

設備を選ぶ際は、実際に着脱して使い勝手を確かめてみませんか?

 

では、また(^^)/

電話する

お問い合わせ