価格だけを比べると損をします。

2020.04.24

多くの業者は、自社の家づくりの特徴を

ホームページなどで詳しく紹介しています。

 

しかし、費用に関する情報は少ないですよね。

そのため、家づくりを検討する方は、

気になる業者に『大まかな要望』を伝え、

図面や概算見積書を作ってもらうことがあります。

 

少しでも費用を抑えたい方は、

それらの資料を他社に持参し、

「御社なら、これと同じプランをいくらでできますか?」

と尋ねます。

 

この行動の問題点に気づきましたか?

 

◆特徴を活かせない

A社が提示した図面や概算見積書は、

A社の強みや特徴を活かして作成されたものです。

 

材料や設備のランクを下げれば、

B社はA社より安価な見積書を提示できます。

それが一般的な工法であれば、B社にも施工できます。

施工はできますが、

こにB社の強みや特徴を活かすことはできません。

 

ハウスメーカーの下請け専門業者ならまだしも、

自分たちのスキルを最大限に活かして、

施主にとって最高の家づくりをしたいと願う業者は

どんな思いを抱くでしょう。

 

◆質問力と提案力

概算見積書の金額より注目してほしいことがあります。

それは、『質問力』と『提案力』です。

人づてに聞いた話ですが、ある男性は

「部屋数はいくつ欲しいですか?」

と質問されたので、「あればいいな」と思う数を答えました。

 

すると、使い勝手の悪そうな狭い部屋を並べた図面を提示されました。

「この予算だと子ども部屋は3畳が限界だが、希望通りの数だ」

と言われ、その場で辞退したそうです。

「その数だと3畳しか確保できない。それより…」

と、別の案を提示する業者なら、違う展開になったかもしれません。

 

業者の中には、部屋の数や広さなど

『ハコ(建物)』に関心を持つ人もいれば、

「どんな暮らし方をしたいか」

「特別な配慮が必要な家族やペットはいるか」

など、『コト』に関心を持つ人もいます。

 

彼らの質問がどんな提案につながるのか。

そしてどれほどの関心を寄せてくれているのか。

ぜひ比べてみてください。

電話する

お問い合わせ