購入した土地から廃棄物がでてきたら???

2020.10.15

◆契約不適合責任

『契約不適合責任』とは、

取引した目的物が、その契約内容に適合していない場合に、

売主や請負人が買主に対して負う責任のことです。

 

従来の『瑕疵担保責任』に相当するものですが、

今年4月の民法の改正に伴い、用語や内容が変更になりました。

 

◆地中の廃棄物

土地の表面上は問題ないように見えても、

購入後に建築廃材などの廃棄物を発見することがあります。

 

廃棄物があると、土地の強度を保てないのは勿論、

土壌汚染やシロアリ被害などの恐れもあるため、

全てを除去する必要があります。

 

そのままでは新築するという目的を果たせませんよね。

こんな時、施主はどう動けばよいのでしょう。

 

◆自分だけで解決するのは大変です

地中に埋まった廃棄物は、

地盤調査や基礎工事の際に発見されることが多いものです。

 

もしかしたら、除去費用や地盤強度の再調査、工事の遅れなど、

あれこれ考えてパニックに陥ることもあるでしょう。

 

しかし、慌てて行動してはいけません。

 

まずは、土地の売買契約書で『契約不適合責任』について確認しましょう。

次に、写真などの証拠を確保してから売り主に報告しましょう。

施工業者のサポートがあると心強いのですが、

住まいるダイヤルや法テラスなど、

公的機関に相談して解決した事例もあります。

 

先に相談し、アドバイスを貰ってから売り主に連絡すれば、

心の負担をグッと減らせるかもしれません。

 

では、また(^^)/

電話する

お問い合わせ