間取りを考える時、外観をイメージしていますか?

2020.05.08

外観を決めるのって難しいですよね。

防犯のことまで考えると、

「どう見せるか」だけでなく

「どこまで見せるか」という視点も欠かせません。

 

初めての家づくりで、

道路の位置や周辺の建物の様子も意識しながら

デザイン性も防犯性も考えるのは思った以上に大変です。

あなたは、どんな外観にしたいですか?

 

◆形

間取りや窓について考える時、動線や部屋での過ごし方など、

室内のことだけを考えてしまいがちです。

しかし、間取り次第で建物の形は変わります。

 

今、あなたが思い描いている間取りだと、

外観はどんな形になりますか?

 

総二階にすれば費用を抑えられますが、

変化を持たせたいなら、

ある程度の凹凸ができる間取りが良いでしょう。

 

◆窓

見た目を意識せず、使い勝手だけを追求した窓は、

位置や大きさがバラバラで雑然とした印象を与えかねません。

かといって、大きさも種類も同じ窓ばかりだと、

没個性で面白味の無い外観になりかねません。

 

風の通り道や採光に配慮するだけでなく、

・大きさや種類を使い分ける

・高さを揃えるなど、配置を工夫する

など、見せる工夫も意識しましょう。

 

◆外壁

個性的な色や素材を用いると、

周辺の景観から浮いてしまうことがあります。

逆に、近隣の建物と似すぎていると、

お互いに気まずい思いをするかもしれません。

ですから、周辺の家々の外壁チェックは大切です。

 

なお、小さな見本を室内の照明の下で選ぶと、

実際の外観と印象が異なることがあります。

 

よりリアルなイメージを掴むには

・できるだけ大きな見本を太陽光の下で見る

・同じような色や素材を用いた住宅を観察する

といった方法がおススメです。

 

では、また(^^)/

電話する

お問い合わせ