土地サポート

flash

土地探し

【未来創建 自社分譲地情報】

photo

【山ノ神分譲地A区画】
所 在 地:名古屋市緑区鳴海町字山ノ神16
面  積:67.20坪(セットバック面積4.93㎡)
売買価格:2,200万円

名鉄本線-鳴海駅・桜通線-野並駅徒歩圏内で、小中学校も徒歩4~5分の好立地です。
地勢はひな壇ですがそれぞれは平坦地で、3台以上の駐車スペースや庭の確保が可能です。

詳細はこちらをご覧ください。

photo

【山ノ神分譲地B区画】
所 在 地:名古屋市緑区鳴海町字山ノ神16
面  積:62.57坪(セットバック面積3.51㎡)
売買価格:2,000万円
そ の 他:建築条件付き宅地
名鉄本線-鳴海駅・桜通線-野並駅徒歩圏内で、小中学校も徒歩4~5分の好立地です。
地勢はひな壇ですがそれぞれは平坦地で、3台以上の駐車スペースや庭の確保が可能です。

建築条件付き宅地ですので、自由設計によるお好きな間取りでのプランが可能です。詳細はこちらをご覧ください。

ページTOPへ戻る △

未来創建が土地探しをお手伝いする理由

photo

幸福の城に末永く暮らしていただくことが
私たちスタッフの願いです。
100点満点の土地は存在していません。
光の道・風の道を考慮し工夫を凝らして一見
『わけあり』に思えそうな土地でも最終的には素晴らしい状態になることも…。

また、土地を買う目的は住宅を建てる事。
土地仲介のみで建物は別でという不明瞭なことはありません。土地と具体的な建物予算を踏まえたご提案が可能です。

現地案内時にプロ目線でご提案

photo

ここの土地すごく安いけれど、どうしてだろう と思ったことはありませんか?
土地には目に見えない秘密が沢山かくれていることがあります。

その秘密を知ることでより良い家づくりになると私たちは考えています。

一緒に土地を見に行くことで様々な角度からアドバイスさせて頂きます。

ページTOPへ戻る △

土地買い取り

土地の買い取りもしっかりサポート

一戸建てを建てるつもりで土地を購入したけれど、転勤になってしまいその土地を売ることになってしまったり、土地を相続することになったけど活用する予定がないなど、できるだけ早く現金化したいけど、どんな方法があるんだろう?という方は結構いらっしゃるのではないかと思います。

マンションや一戸建てと同じく土地も不動産ですから、まずは未来創建にご相談ください。
     

photo

ひと口に土地と言っても、いろいろな土地の種類があります。
閑静な住宅地や商業施設に近い利便性が良い土地、新しく開発された団地や数十年前に造られた住宅街の一角など、その種類によって土地の利用価値は異なってきます。この場合の利用価値とは売れる土地かどうかということになります。
通常は買い取った土地を相場に近い金額で再販売しますので、買取金額は相場よりも低い金額となりがちですが、未来創建では土地を売りたい方と買いたい方を、上手くマッチさせることでご希望に近い価格での買取が可能となっております。

photo

買取の手順

まず、売買契約ですが、契約書面を十分ご理解したうえで記名・押印し、手付金を受け取れば完了となります。

この時準備するものは、
①印鑑 ②契約書に貼る印紙 ③手付金の領収証です。

次に引渡しの準備ですが、登記関係を代行してくれる司法書士の先生から書類の指示がありますので、事前に入手しておくとよいでしょう。

最後に引渡しですが、通常引渡しは銀行などの金融機関で行います。登記関係の書類に記名・押印し、売却代金を入金してもらい、領収証を発行します。あまり聞き慣れない書類が出てきますが、未来創建にお任せ頂ければお客様に分かりやすく丁寧に、ご案内させて頂きます。

売買契約から引渡しまでおおよそ2週間~1ヶ月程度となります。

photo

ページTOPへ戻る △

土地の買い取りに関するよくある質問

Q.小さな土地なんだけど売れるの?

A.土地は小さなものあれば大きなものもあります。それぞれに使い道は異なってくるでしょう。小さな土地の場合、面積にもよりますが、一戸建て用地や駐車場などが適当ですし、大きな土地であれば、アパートなどの集合住宅や一団の宅地や商業施設などが挙げられます。

なかでも最近よく見られるのが、「宅地や建売住宅の分譲用地」として住宅メーカーや不動産開発会社が購入するケースです。地域性にもよりますが、最低100平方メートル程度から購入し、なかには数千~数万平方メートルのものも購入することもあります。

立地などがよほど悪い条件でない限り、利用できる範囲の大きさであれば大概の土地は購入します。

photo

Q.不動産会社に売却を頼むときの手続きってどういうことをするの?

A.不動産会社に依頼するときは、売却を依頼する約束を交わす書面「媒介契約書」を結びます。その際、土地の情報である「土地謄本」「公図」「測量図」などを 用意しておきましょう。この段階で「権利証」は必要ありませんが、売却が決まり登記申請をするタイミングで必要になります。ちなみに「権利証」については不動産登記法改正によって2005年3月から「登記識別情報」に切り替わりました。

もし土地に境界標が無い場合は、有資格者に依頼して「境界立会い確認」「確定測量」の手続きをしてもらいます。これは隣地と道路の所有者が立会って、境界位置を確認し、土地の面積を確定する作業なのですが、日数が掛かることが多く、目安として2ヶ月~4ヶ月程度は見ていた方が良いでしょう。

photo

売却を依頼された会社は、自社ホームページなどのネット媒体や折込広告などにより集客活動を行い、購入希望者を探します。購入希望者が現われ、金額交渉などの条件交渉が行われますが、もし住宅メーカーや不動産開発会社が買主となる時に「売渡証明書」の提出を求められる場合があります。

この証明書を提出した後で「売るのを止めた」や「別な買主に売りたい」となると違約金が発生してしまう恐れがありますので慎重に進めて下さい。

さて、晴れて売買契約の締結となる訳ですが、契約の際は以下の3つが必要になります。
□印鑑  □契約書に貼る印紙  □手付金の領収証

最後に引渡しですが、通常引渡しは銀行などの金融機関で行います。登記関係の書類に記名・押印し、売却代金を入金してもらい、領収証を発行します。特に登 記関係の書類にはあまり聞き慣れない専門用語が出てきますので、事前に不動産会社や司法書士に質問するなどして内容を把握しておくと良いでしょう。

お問い合わせはお気軽に

未来創建株式会社
  • 0120-09-6606
  • 資料請求
  • お問い合わせ

新築住宅

リフォーム

土地を売りたい

資料請求

施工事例

お問い合わせ

ページTOPへ戻る △

土地サポート

HOMEコンセプト新築住宅リフォーム土地サポート施工事例スタッフブログ資料請求会社案内お問い合わせ

Copyright © 2015 MIRAI sohken co.ltd., All Right reserved.