リフォーム・リノベーション

flash

リフォームとリノベーション

現在、お住まいの家を新しくしたい、または中古物件を購入して自分好みに変えたいなど、お客様によって様々なご希望があると思います。

リフォームとリノベーションの違いは、リフォームやリノベーションを検討しているお客様が必ずと言っていいほど抱く疑問ではないでしょうか。
最近よく聞くようになった「リノベーション」という言葉ですが、「リフォーム」と同じ意味で使っている人も多いのではないのでしょうか。

ここでは、混同しやすい「リフォーム」と「リノベーション」の違いをご説明いたします。

photo

リフォームとは

photo

「リフォーム」とは、老朽化した建物(リビング、壁・屋根、エクステリア・外構、キッチン、お風呂、洗面・トイレなど)を新築の状態に戻すことを言います。

マイナスの状態のものをゼロの状態にに戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

リノベーションとは

photo

「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。

耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。

ページTOPへ戻る △

リノベーションについて

リノベーションの定義としては、既存の建物よりも価値が増す改修工事を施すことです。
建物そのものを建て替える新築ではなく、劣化・破損した部分を回復する修繕でもない、機能的に変わる改良を含む工事です。

したがって、リノベーションの程度によりますが、多くの事例では間取りが変更され、リノベーション前と後では、生活空間としての部屋の見た目が大きく変わります。
ただし、主要構造まで大きく変えるのではなく、外観は変わっても家の形は残ります。

フルリノベーションとは

フル=全てという意味から、フルリノベーションとは、建物の骨組み以外を全て改修してしまうリノベーションを言います。
骨組みだけ残すことはスケルトンとも呼ばれ、フルリノベーションをすると、一見しただけでは新築と区別が付かないほど劇的に変わります。

しかし、建て替えをしているわけではないので、フルリノベーションであっても築年数は変わらず、あくまでも「新築同様」です。
それでも、住む人にとっては、築年数は大きな問題にはならないでしょう。
フルリノベーションを「フルリフォーム」と呼ぶ場合もあって曖昧ですが、感覚的にはフルリフォームに間取り変更や性能向上の付加要素を含むのがフルリノベーションです。

photo

リフォームや建て替えとの違いを比較

一般にリフォームとリノベーションは、間取りや機能面の変更が含まれるかどうかで区別されて用いられますが、厳密に違いを意識する必要はありません。
ある人はリフォームと呼び、ある人はリノベーションと呼ぶほどです。

一方で、建て替えの場合には一度解体を伴うので、リフォームやリノベーションとは明確に異なり、完成後は新築扱いです。

リフォーム リノベーション 建て替え
費用 規模によって数十万円~数百万円 規模によるがフルリノベーションで建て替えの70%程度が平均 基本的に新築時の費用と同じ
築年数 変わらない 変わらない 新築扱い
間取り 変わらない 制約を受けるが選べる 自由に選べる
見た目 主に内観 内観と規模により外観 自由に変えられる
空室対策 内装が綺麗になり効果が見込める 流行りの間取りに変更できて効果が大きい 新築扱いになるので効果が非常に大きい

リフォームとリノベーションは、規模によって費用は全く違うので、単純に費用を比較することは出来ませんが、しかしフルリノベーションと建て替えの比較は、時には重要になります。
例えば、フルリノベーションと建て替えで迷ったときは、建て替えで新築になるメリットと、フルリノベーションで抑えられる費用を比較することになります。
居住空間として新しくしたいだけならフルリノベーションでも良く、新築物件としての価値が重要(売却や賃貸目的など)なら建て替えといった考え方の違いがあります。
他にも、リノベーションでは骨組みは残るので、築深で将来の耐久性が不安なら、建て替えたほうが安心など様々なパターンが考えられます。

リノベーションのメリットデメリット

リフォームと建て替えの中間的な特徴を持つリノベーションですが、どのようなメリットとデメリットを持つのでしょうか?
リノベーションを選ぶ参考にするためにも、きちんと把握しておきましょう。

メリット

・建て替えよりも安い
建て替えには解体と新築費用を伴うので、見た目の仕上がりを重視すると、リノベーションのほうが費用は安く済みます。

・間取りを選べる
リフォームでは間取りまで変更する大規模な改修を行うことは少なく、現在のライフスタイルに合わせた間取りを選べません。

・再建築不可でも利用できる
現行の建築基準法上、接道義務(原則として4mの幅の道路に2m以上接すること)を満たせず、建て替えをすると利用できる敷地が狭くなるケースがあります。

・固定資産税が上がらないかもしれない?
リフォームの多くは建築確認が不要で固定資産税は上がりませんが、リノベーションは改修であるため、固定資産税が上がる可能性は高くなります。

・古民家を再生できる
建て替えでは失われてしまう古い建造物も、耐震補強を伴うリノベーションであれば、その魅力を後世に残すことができます。

デメリット

・工事に時間がかかる
リフォームでは、住みながら工事を行うことも可能なのに対し、間取りを変えるリノベーションは、一旦は仮住まいを余儀なくされます。

・既存の主要構造を利用する
築深の物件をリノベーションする場合、築年数を引き継ぐと考えれば、数十年後に建物の主要構造はそれだけ時間を経過していることになります。

・劇的に費用が抑えられるとは限らない
建て替えよりは安いとされますが、主要構造にシロアリ被害・腐食がある、地盤沈下などで補修が必要になると、工事費用は増えます。

・耐震基準の問題
耐震基準は時代によって改定されており、既存の中古住宅の全てで現行の耐震基準を満たしているとは限らず、そのままでは不安が残ります。

photo

リノベーションに関する資料請求はこちら

リノベーションをお考えのお客様は、
お問い合わせフォームに必要事項を
ご記入頂きまして、資料請求の項目に
下記の項目をお選び下さい。

E. リノベーションに関する資料はこちら

ページTOPへ戻る △

リフォームについて

住宅のリフォーム工事は新築と異なるさまざまな特徴があります。この特徴を理解していただくことが、リフォーム工事で無用のトラブルに巻き込まれないための第一歩です。

リフォーム工事は小さな工事でも決して簡単ではなく、専門的な知識や職人の技術が必要とされるため、事業者選びが重要となります。また、準備段階や工事が進む間にも、お客様と事業者と十分打ち合わせを行い、意思の疎通をはかることが大切です。

リフォームの主な目的

メンテナンス

年月が経ち、いたみが出てきた個所の修繕・改修、屋根のふき替え、外壁の塗り替えなど

ライフステージへの対応

家族構成の変動や高齢化などに伴う増改築・改修、間取りの変更や追加、バリアフリー化など

グレードアップ

住まいの性能や快適性を高めるためのリフォームや設備の更新・新設、省エネ性能を高める改修など

リフォームメニュー

photo

家族だんらんを心地よくするリビングリフォーム

家族が気持ちよく過ごせる空間をご提案させていただきます。

photo

きれいな姿に愛着もひとしお屋根・外壁リフォーム

コストを抑えつつご近所様が思わず見とれるようなリフォーム。



photo

室内の様にこだわるエクステリア・外構リフォーム

毎日の動きやすさも考えたエクステリアにリフォームしませんか?

photo

使いやすさもデザインもよくばりたいキッチンリフォーム

毎日の料理が楽しくなる空間をご提案させていただきます。

photo

清潔で快適なワンランク上の空間 お風呂リフォーム

清潔でセンスのいいバスルームをつくりませんか?

photo

古くて使いにくいから新しく便利に 洗面・トイレリフォーム

古い設備を根本的に新しく整えることもできます。

ページTOPへ戻る △

お客様満足のために 6つのサービス

サービス01. 安心の工事保証

工事完了時には保証内容一覧表をお渡ししています。
保証内容一覧に該当する補修などの追加工事を、安心してお使いいただくため、品質をお約束する未来創建の自信の証です。



 

photo

サービス02. わかりやすい無料のお見積もり

未来創建では、お見積もりをお出しする際に、

□お見積もり書
□図面
□スペック

の3点をお出ししています。
スペックとは、作業内容を時系列ごとに、どのような工程で行うかを記載したものです。途中で工程が変更になった場合でも、変更内容を書き足し、お客様にご確認していただいて、工程の追加変更を行っています。
スペックは図面だけのお見積もりと違い、作業内容に応じて費用を確認していただくことができるので、お客様にもよりわかりやすくなっています。

photo

サービス03. 徹底打ち合わせ&責任施工

未来創建では、お客様担当がご契約前の打ち合わせからご契約後の詳細打ち合わせ、そして施工、お引き渡しまで責任を持ってお手伝いさせていただきます。

ご契約前から徹底して打ち合わせを行うことで、お客様の想いやイメージを誰よりも理解でき、さらなる理解と信頼関係を深めながら進めることで、イメージ通りのリフォームに仕上がります。

photo

サービス04. 他社さんの工事お直しも!スピーディーに柔軟対応

お電話をいただいたら、お客様のご都合のいい日時にお伺いします。

「すぐにきてほしい!」というご要望にも柔軟に対応!また、他社さんで工事された箇所のお直しもお引き受けしています。
「直してもらいたかったのに対応してくれなかった」という場合もお気軽にご連絡ください。
※状況によっては対応いたしかねる場合がございます

photo

サービス05. 安全な工事のために いたわりサービス

ご高齢の方やお体の不自由な方に向けて、工事前後の後片付けや家具の移動などをお引き受けするサービスを実施しています。(有料)

重い家具や動かしにくいものがある場合にはぜひご利用ください。

photo

サービス06. ワンランク上のデザインをご提案

photo

約50名の建築家・インテリアコーディネーターがハイクラスのデザインをご提案いたします。(有料)

ただ変えるだけでは物足りない、限られた空間で最大限の魅力を引き出して欲しい。
そんなあなたにピッタリのサービスです。

もっと詳しく知りたい方は
デザイナーズリフォーム  IC × LINK
をご覧ください

photo

リフォームに関する資料請求はこちら

リフォームをお考えのお客様は、
お問い合わせフォームに必要事項を
ご記入頂きまして、資料請求の項目に
下記の項目をお選び下さい。

F. リフォームに関する資料はこちら

お問い合わせはお気軽に

未来創建株式会社
  • 0120-09-6606
  • 資料請求
  • お問い合わせ

新築住宅

リフォーム

土地を売りたい

資料請求

施工事例

お問い合わせ

ページTOPへ戻る △

リフォーム

HOMEコンセプト新築住宅リフォーム土地サポート施工事例スタッフブログ資料請求会社案内お問い合わせ

Copyright © 2015 MIRAI sohken co.ltd., All Right reserved.