リノベ―ションについて

未来創建のリノベーション

リノベーションの定義としては、既存の建物よりも価値が増す改修工事を施すことです。
建物そのものを建て替える新築ではなく、劣化・破損した部分を回復する修繕でもない、機能的に変わる改良を含む工事です。

したがって、リノベーションの程度によりますが、多くの事例では間取りが変更され、リノベーション前と後では、生活空間としての部屋の見た目が大きく変わります。
ただし、主要構造まで大きく変えるのではなく、外観は変わっても家の形は残ります。

フルリノベーションとは

フル=全てという意味から、フルリノベーションとは、建物の骨組み以外を全て改修してしまうリノベーションを言います。
骨組みだけ残すことはスケルトンとも呼ばれ、フルリノベーションをすると、一見しただけでは新築と区別が付かないほど劇的に変わります。

しかし、建て替えをしているわけではないので、フルリノベーションであっても築年数は変わらず、あくまでも「新築同様」です。
それでも、住む人にとっては、築年数は大きな問題にはならないでしょう。
フルリノベーションを「フルリフォーム」と呼ぶ場合もあって曖昧ですが、感覚的にはフルリフォームに間取り変更や性能向上の付加要素を含むのがフルリノベーションです。

リノベーションのメリットデメリット

■メリット

建て替えよりも安い 建て替えには解体と新築費用を伴うので、見た目の仕上がりを重視すると、リノベーションのほうが費用は安く済みます。
間取りを選べる リフォームでは間取りまで変更する大規模な改修を行うことは少なく、現在のライフスタイルに合わせた間取りを選べません。
再建築不可でも利用できる 現行の建築基準法上、接道義務(原則として4mの幅の道路に2m以上接すること)を満たせず、建て替えをすると利用できる敷地が狭くなるケースがあります。
固定資産税が上がらないかもしれない? リフォームの多くは建築確認が不要で固定資産税は上がりませんが、リノベーションは改修であるため、固定資産税が上がる可能性は高くなります。
古民家を再生できる 建て替えでは失われてしまう古い建造物も、耐震補強を伴うリノベーションであれば、その魅力を後世に残すことができます。

■デメリット

工事に時間がかかる リフォームでは、住みながら工事を行うことも可能なのに対し、間取りを変えるリノベーションは、一旦は仮住まいを余儀なくされます。
既存の主要構造を利用する 築深の物件をリノベーションする場合、築年数を引き継ぐと考えれば、数十年後に建物の主要構造はそれだけ時間を経過していることになります。
劇的に費用が抑えられるとは限らない 建て替えよりは安いとされますが、主要構造にシロアリ被害・腐食がある、地盤沈下などで補修が必要になると、工事費用は増えます。
耐震基準の問題 耐震基準は時代によって改定されており、既存の中古住宅の全てで現行の耐震基準を満たしているとは限らず、そのままでは不安が残ります。

電話する

お問い合わせ